「古関裕而 流行作曲家と激動の昭和」(中公新書)から

今日から始まるNHKの朝ドラ「エール」は、ご存知のように古関裕而をモデルにしたものですが、最近中公新書から出版された「古関裕而 流行作曲家と激動の昭和」がとてもよく彼の業績をまとめた本だと思いますので、是非お勧めいたします。

古関がいわゆる演歌、また歌謡曲の作曲家ではなかったことが、この本を読むとよくわかります。その方面ではなかなかヒット曲を生み出せなかった。やはり、歌謡曲や演歌においては古賀政男こそが第一人者でした。少年時からクラシック音楽に関心の深かった古関の曲が花開いたのは、やはり軍歌、戦時歌謡の世界でした。

昭和12年に大ヒットした「露営の歌」は、戦場でも兵士によってしばしば歌われていました。古関が慰問に向かい、大歓迎を受けた時、彼はこのような言葉を残しています。

「酷暑の炎天下に座って聴いている多くの兵隊の顔を見た時、そのひとりひとりの肉親が、無事に帰ることを祈っており、果たしてその中の何人が?と思うと、万感が胸に迫り、絶句して一言もしゃべれなく、ただ涙があふれてきた」

同時に古関は、自分の軍歌についてこのように説明しています。

「戦争のむごたらしさ、悲惨さを、いやというほど思い知らされました。私が作った軍歌には、その時の印象が根強く尾を引いているはずです。つまり、私は雄々しいだけの軍歌は作れずに、どうしてもメロディーが哀調を帯びてきちゃうんですよ」

私はその意味で、古関のいわゆる戦時歌謡の中で最も素晴らしいものの一つが「愛国の花」だと思います。福田正夫の歌詞も素晴らしいが、何よりもクラシック歌曲のような美しいメロディ(前奏のバイオリンのアレンジからしてこの曲の世界を見事に表しています)と、レハールやシュトラウスを思わせるワルツのリズム。そして渡辺はま子の歌唱が気品にあふれています。

また、この本ではとても印象的なエピソードが紹介されていました。フィリピンの決戦に向けて軍部が「比島決戦の歌」を戦意高揚のために西城八十作詞、古関作曲で依頼してきた時、歌詞の中に、敵将のマッカーサーとニミッツの名前を入れて敵愾心をあおるようにせよという注文がありました。西城八十は断固拒否したのですが、最終的には妥協し「いざ来い、ニミッツ、マッカーサー 出てくりゃ地獄へ逆落とし」という歌詞が付きました。

しかし、当時の新聞に、以下のような投書が国民からあったのでした。「低調な歌。口汚い句で相手を罵って、それで己の優越を示そうとする長屋のケンカの悪口雑言と何の選ぶところもない」「低調下等な歌を歌って、心を高めるものがあるか」「もっと堂々と、清く高らかな感情を持って胸いっぱい歌える歌であってこそ、戦意は高まるのだ。」

このような精神を戦中も持ち続けた日本国民の姿に、現在の私たちも学びたいと思います。
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed