毛利輝元は「西軍の大将格」です。「関ケ原前夜 西軍大名たちの戦い」(角川ソフィア文庫)お読みください

今後はいちいち書きませんが、つくる会教科書に対する文科省検定の問題点についての反論は、すべて私個人の意見であり、つくる会は一切責任はありません。その上で、毛利輝元の件について簡単に書いておきます。

文科省検定では、毛利輝元を関ケ原の戦いにおける「西軍の大将」と記述したことが検定の対象となっています。「毛利輝元が関ヶ原の戦闘に参加したように誤解される」とのことですが、確かに毛利輝元は、大阪城にはいち早く入城したものの、関ケ原の戦いが終わるまで城を動きませんでした。しかし、彼を総大将とみなすのは近年の研究でも客観的資料からも充分な根拠があります。

最近、渡邊大門氏の関ケ原の戦いについての著書が話題を呼んでいるようで、私も家人が面白く読めたと言っているので今度読もうとは思っておりますが、これはあまりにも新しい説なので、教科書記述の参考からは外します。私が、関ヶ原についてぜひ読んでいただきたいのは、光成準治氏の一連の著作、特に「関ヶ原前夜 西軍大名たちの戦い (角川ソフィア文庫)」です。

本書からの引用は煩雑になるので避けますが、ここでは、従来石田三成に担がれた名ばかりの総大将だったように(ただ、名目上は総大将以外の何ものでもありません。だからこそ石田三成は、毛利輝元が出陣し、東軍と対峙することを再三求めたのです)語られてきた毛利輝元が、実は相当主体的にこの戦いを主導していたことが一次資料で明らかにされています。

ただ、毛利はこれを「東西両軍の天下分け目の戦い」と考える以上に、この混乱期に九州、四国などに自分の勢力を拡大しようとしていました(本書を読んでいて、だからこそ輝元は大阪城を動かなかったのだと妙に納得してしまいました)。またこれは従来も言われてきた通り、家臣団の間には、親徳川派と反徳川派の激しい分裂があって、総大将がこれでは勝てるわけないよなと逆に考えさせられました(こんなことを言っても詮無いのですが、三成は猛将立花宗茂あたりと常に行動を共に戦場に連れてこれれば逆転のチャンスがあったかもしれないのに)。

島津家、宇喜多家なども家臣団や地元に深刻な分裂や対立を抱えていたようで、良かれ悪しかれ豊臣政権の存続を戦争目的としていた石田三成と、他の西軍武将意識の違いを感じさせます。(島津家が最後まで戦闘にほとんど参加しなかった理由を私は本書で初めて納得がいきました。)

私も司馬遼太郎「関ケ原」を感動して読んだ一人なので、こうして一次資料で通説が覆されていくのは寂しい気もしますが、歴史小説家に歴史的事実まで求めるのが酷なのであって、小説は小説、研究は研究で割り切って読むべきものなのでしょう。

いずれにせよ、本書を読めば、毛利輝元を西軍の総大将とみなすのはごく自然な解釈であり、逆に石田三成が全軍を指揮していたとみる方が無理なことがわかります。そして、総大将であり主導的に戦争を指導する(少なくとも、大阪入場後の対徳川戦争初期においては)姿勢があったからこそ、毛利家はその領土を奪われ、長州藩としてしか生き残れなかったのです。

吉川広家ら親徳川家臣団は、毛利家の領土保証を家康に求め、その為には関ヶ原では戦闘行為に加わらないという事実上の裏切りを行い、しかも、今回の西軍加担は安国寺恵瓊の責任だと、彼を「戦犯扱い」しました。それでも毛利家が領土割譲を余儀なくされたのは、大阪城入場以後、毛利こそが事実上の西軍総大将とみなされたことの証明でもあるのではないでしょうか。

追記:この投稿を終えた後、藤岡信勝先生より、以下のコメントを頂きました。これは私のミス、というより見落としでしたが、今から直すのはみっともないし不自然になるので、藤岡先生のコメントを追記しておきます。

「一点、お説に付け加えてさらに言えば、申請した教科書では、西軍の「総大将」ではなく「大将格」と書いているのです。「格」がついてることにもご注目下さい。」(藤岡信勝)

つまり、「総大将」と断定するのではなく、より幅の広い表現を使っています。是ならば従来の説である、名目的な大将だったというものも多少含まれる表現であって、検定で不合格の対象とするべきものとは到底思えません

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed