11月30日、新著「ドストエフスキーの戦争論」のお披露目会神田でやります

まだ正式な発売日決まってないんですけど、この11月末に、拙著が出版される予定です。なんとドストエフスキー論(「ドストエフスキーの戦争論」)で、これはどう考えても売れそうにない。こういう本を出してくれる出版社にはもう足を向けて寝れない(しかも編集もすごく丁寧にやってくれたし)状態にいます。正式に発売日決まったら出版社含め報告します。

で、売れそうにない本を出してくれた以上、作者はそれに応えねばならないので、11月30日、午後3時から、神田にてこの本の紹介を兼ねて、講演というか宣伝というか「とにかく買ってくださいませ」というイベントをやります。場所、時間は以下の予定。さらに詳しい内容はまたお知らせします。

テーマとしては、文豪ドストエフスキーの晩年の政治エッセイ『作家の日記』を紹介し論じたもので、なんと、ドストエフスキーはまさに「ネトウヨ」だったという衝撃的(?)な事実を解説するもの。

ロシアの戦争は聖戦である!コンスタンチノーブルを領有せよ!左傾化するカトリックの陰謀が世界を破滅させる!ユダヤ人は如何なる民族にも同化せず、差別をネタに特権を得ながら陰謀をたくらんでいる!平和主義やリベラル知識人は民衆の敵だ!貧困労働者の革命がヨーロッパ文明を滅ぼすだろう・・・・こういう言葉の裏で、ドストエフスキーは何を言いたかったのかを考えていきたいと思います。

日時:11月30日(土)午後3時開場 3時半開会

場所 TKP神田ビジネスセンター(神田駅北口徒歩5分)
東京都千代田区神田美土代町3-2 神田アベビル
参加費 無料(気が向いたらカンパください。当日本を売らせてもらうので参加費はいただきません)

連絡先 三浦 (080-3485‐7189)

主催 東京新風倶楽部
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed