今年中に歴史書「ウイグル人」(ドルクン・アルマス)を出版する

ここで書いておけばもう後に引けないので書いてしまいます。令和元年の今年のうちに、自分の仕事のほかに、おそらく、世界でウイグル人によって書かれた唯一のウイグル史の本「ウイグル人」(ドルクン・アルマス著)の翻訳本を必ず出版する。

本書は1989年、今から30年前に中国で出版されたけれど、現在はおそらく中国国内では入手できない。同書は世界ウイグル会議によって国外で再刊されたが、今も日本語訳はないはずです。

残念なことに本書は未完の歴史書で、ウイグル史の全貌がわかるわけではない。おそらく著者のドルクンもまた出版社も、もうこの時期を逃しては本書を世に出すことはできないと思い、未完でも無理やり出版した可能性もある。1989年は、ご存知天安門事件の年。中国の「改革開放」は、民主化を導くのではないかという幻想が、人民解放軍の暴力によって崩壊した年。確かに、これ以降では、もう出版はできなかったかもしれない。

だが、ウイグルの土地と、そこに刻まれた古代から中世期に至る歴史が、漢民族とは全く違ったウイグル人独自のものであること、全く違った文化文明が花開いていたことを描こうとしたこの本は、ウイグル人に大変共感を持って受け止められました。先日、日本で何人かのウイグル人とお会いした時にも、あの本がいかに意義のあるものだったかを複数の方が語ってくれました。

この本は一般の日本人にとっては専門書過ぎるものかもしれないけど、少なくとも出版して日本の図書館や学者に届けたい。知人が全くのボランティアで全訳をしてくれたので、後はとにかく出版することがすべて。

私は自分の書いたものに対して自信はないけれど、北朝鮮帰国事業についての資料集(小島晴則氏の「幻の祖国に旅立った人々」「帰国者9万3千余名 最後の別れ」(高木書房))の出版に協力できたことは結構誇りに思っているので、今回も何とか形にしたい。

ドルクン・アルマスは1924年に生まれ、2001年に世を去りました。生涯、三回にわたる獄中生活を送り、特に文化大革命時代は炭鉱で厳しい労働を強いられましたが、生涯を通じてウイグルの文化や歴史を誇りをもって書き続けた人でした。彼の歴史観や事実関係の認識にはいろいろ異論もあっていい。ただ、このような本が日本に紹介される意義はきっとあるはずだと思います。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed