懐かしい「四季」久しぶりに聴いた

中学生の音楽の授業で、ヴィヴァルディの「四季」をきいた時の楽しさはなんとなく今も覚えている、というか、先日、イ・ムジチ合奏団でこの曲を聴き直したくなって、アマゾンの中古盤で安いのを入手しました。かってクラシックのレコードとしては大々的にヒットした50年代、60年代の録音ではなく、90年代になってからの(たぶんかってのメンバーはもういないのでは)イ・ムジチ合奏団, ヴァイオリンソロは、カルミレッリ(ピーナ)という人。

古楽器での演奏スタイルがもう一般的になり、この曲独自の風景描写も結構どぎつく演奏される(アーノンクールとか)ようになったのもすでに昔の話、音楽は別に勉強ではないのだから、その時その時の気分で聴けばいいだけ。確か学校で聴かされたのはイ・ムジチではなかったと思うけど、親にねだって買ってもらったレコードは、イ・ムジチのロベルト・ミケルッチがソロを弾いたレコードだったはずです。確か串田孫一氏のエッセイが載っていたような覚えもある。

そしてこのカルミレッリ&イムジチの演奏、端正で上品ですが、同時に、「描写音楽」の面白さ、そしてヴィヴァルディの「ロマン派音楽」に通じる魅力を表現した演奏です。「春」の第三楽章など、そのテンポの自在の動かし方はロマン派のヴァイオリン協奏曲に通じるものすら感じますし、また、全体が上品で澄んだ弦楽器の音色(これはやはりモダン楽器ならでは)で、私にはいつも「うっとうしく」(まあそういう雰囲気を狙ってくつられている曲だからしょうがないけど)感じる「夏」もとても聞きやすいし、しかしダイナミックさは失われていません。「秋」の仮のリズム感も「冬」の第3楽章の、厳しさの中にもある種の爽快感を感じさせる演奏も快い。

全体的に、この「四季」、標題音楽として、各楽章につけられたソネットの内容をかなりわかりやすく表現しているようにも思えます。実はCDに寄せられた故志鳥栄八郎氏の解説がまた面白く、自分のヴェニス訪問の思い出にはじまり、楽曲解説では事細かに詩の内容と音楽とを結びつけて紹介している(「夏」で、標題音楽には様々な描写があるけど、「ハエ」をテーマにした曲はこれしか知らない、と書いているのはちょっと受けた)。かって少年時代に繰り返し聞いた時も(「秋」が一番好きだったかな、狩りの情景を思い浮かべながら聴いた)やはり音楽につけられたソネットの内容と音楽を結びつけて楽しんだことを思い出します。学校の授業や、子供さんに聞かせるCDとしても、解説ともども中々有効な一枚ではないかと思いましたし、私ももう何十年も前の少年の日々を思い出しました。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed