花柳幻舟氏の死去について一言

家元襲撃、即位の礼で爆竹投げ逮捕 転落死の舞踏家・花柳幻舟さんの激情人生

 日本舞踊の家元制度に反対し、家元を刃物で切りつけた事件などを起こしたことで知られた舞踊家花柳幻舟(本名・川井洋子)さん(77)が転落死した。

 群馬県警安中署の1日の発表によると、安中市の「めがね橋」下の遊歩道で2月28日、花柳さんが倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。写真を撮影中に誤って転落した可能性があるとしている。
 発見されたのは28日午後5時ごろで、約1時間後に死亡が確認された。転落したとみられる地点の高さは約23メートルで、持っていたデジタルカメラに、橋の上から真下の遊歩道を撮った写真が残っていた。めがね橋は連続したアーチを持つ、旧国鉄信越線のれんが造りの鉄道橋で、観光客は橋の上を歩くことができる。
 花柳さんは1980年2月、家元制度に反対して国立劇場で日本舞踊・花柳流家元・花柳寿輔さんを刃物で襲って負傷させ、懲役8月の実刑判決を受け、服役した。
 90年11月の天皇陛下の「即位の礼」パレードの際には、東京・南青山の路上で、天皇制を批判するビラ100枚をばらまき、爆竹を投げて現行犯逮捕された。裁判では道交法違反罪で罰金4万円の罰金刑を受けたが、支払いを拒否して20日間の労役に服した。
「拘置所での処遇を不服として国を相手取り、本人訴訟を起こすなど、お騒がせ舞踊家として知られた。事件を起こして注目された後、自伝『冬の花火』で天皇制批判を展開したり、突然、司法試験を目指すと言ってみたり、センセーショナルな自己プロデュースをしてマスコミはそのたびに振り回されましたね」(ワイドショー関係者)
 60~90年には女優、歌手、作家としても活動し、ドラマ「花柳幻舟獄中記」(84年、テレビ朝日系)、映画「幻舟」(89年)、にっかつロマンポルノ作品では整った顔立ちと体当たりの演技で濡れ場を演じ、人気を博した
http://news.livedoor.com/article/detail/16099762/

花柳幻舟氏が亡くなったようですね。彼女について詳しくはないけど、いくつかの映像を見ただけでも、才能も魅力もある人だった。家元制度打倒なら、それを彼女は自分の芝居を通じて堂々とやればよかった。確かに骨とう品的な形骸化した伝統芸や、型にはまった漫才より、彼女の父親がやっていたような芝居の方がはるかに生き生きとしていたのかもしれないし、また彼女自身、日舞に新しい感覚を取り入れる発想も才能もきっとあった人だと思う。

長谷川きよし氏と二人で「話の特集」で色々な著名人と対談していて、結構そういうのは面白かったと思う。うろ覚えだけど、空手の大山倍達氏とかも対談していた。そこでは大山氏のとてもいい面が出ていたような覚えもある。後、立川談志ともしていて、自民党から選挙に出るような落語家とはケンカになるんじゃないかと予想する人もいたようだけど、彼女は立川氏の落語を聞き、この芸には敬意を表する、ということできちんと礼を尽くしていた。そういう面が、むしろ彼女のいい面だったんじゃないかと思う。

しかし、彼女が失敗したのは、下手な政治運動に絡んだり、つまらない三流の左翼思想家(羽仁五郎とか)に付き合いすぎてしまったこと。そして、彼女の既成の家元制度への批判は実体験に根差していたのかもしれないけど、それを皇室批判に結び付けたのも芸能的には不毛だった。正直、彼女は皇室伝統には全く無知で、その批判もそれこそ三流左翼のコピー。世に受け入れられない異端の芸がいかに皇室伝統によって守られていたかも知らなかった。才能を充分生かせずなくなってしまったという点では残念な女性だった。中上健次あたりと出会えていたらちょっと違ったかもしれないのに・・・誤解のないように言っておくけど、反皇室ならそれはそれでいい。もっと深い視点から語り、舞うこともできたはず。

こんな風に花柳幻舟について書くのはたぶん私一人だろうし、勘違いもあるかもしれないけど、何か思い立ったので記しておきます。

もっと自由に、もっと思いのまま、あちらの世界で踊り続けてください
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed