3月9日、江東映像文化振興事業団上映会「明治大帝と日露大戦争」

江東映像文化振興事業団の映画上映会を下記予定で行います。

「明治大帝と日露大戦争」上映会

明治天皇と日露戦争をテーマにした歴史映画。新東宝社長大蔵貢の原案から渡辺邦男が原作を書き、主演は嵐寛寿郎、「ほか、天城竜太鄭、田崎潤、宇津井健、中山昭二、高島忠夫、小笠原竜三郎、藤田進、江川宇禮雄、阿部九洲男、沼田曜一など、新東宝オールスター・キャスト。

作品完成後に行われた試写会は、ときの皇太子(現今上天皇)も閲覧した。公開されるや空前絶後の記録的な大ヒット映画となった。

新東宝の上映館は数が少なかったため、松竹映配に依頼して上映館を増やしたが、都内では新宿オデヲン座、池袋・文芸座、目黒ライオン劇場といった2流、3流の映画館ばかりでの上映だった。それが映画興行史上の大記録を打ち立てたのである。上映した全ての映画館はすし詰めの超満員となった。客席ぐるりをラッシュアワー並の立ち見客が囲み、中央通路や最前列前の通路まで隙間なく床に座る観客、ロビーにまで人があふれ、上映が始まってもドアが閉められないほどだった。戦前の日本と日本人の姿がそのまま再現された映画であり、進駐軍の占領を経て戦前の日本と手を切ったはずの民衆に衝撃を与えた。

観客動員数は2000万人、「日本人の5人に1人が観た」と言われ、日本の映画興行史上の大記録を打ち立てた

日時 3月9日 午後3時開場 3時半開会

参加費 無料
場所 TKPスター貸会議室市ヶ谷
   東京都千代田区九段南4-7-22 メゾン・ド・シャルー201
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed