2月26日発売の、月刊誌「Hanada」4月号に、私の「【あの時代の貴重な記憶】『キューポラのある街』続編を知っていますか?」という文章が掲載されます。

2月26日発売の、月刊誌「Hanada」4月号に、私の「【あの時代の貴重な記憶】『キューポラのある街』続編を知っていますか?」という文章が掲載されます。興味のある方はぜひ手に取ってみてください。この前の上映会に花田編集長が参加されて、この映画はぜひ紹介したいと思ってくださり、私がチャンスを頂くことになりました。

私に原稿依頼時に、編集長が強調されたのは「あの映画、今の若い人が見たら(当時の社会主義幻想を思わせるセリフや歌に)笑ってしまうかもしれないけど、笑っていいものではない、本当にああいう時代があった、あの時代にはあの時代の理想があった、そこを踏まえて書いてほしい」ということでした。

編集長の期待に応えられたかどうかわかりませんが、私なりにその時代を思いつつ書いたつもりです。また、現在はこの作品はDVD化もされておらす、今後も見る機会は少ないと思いますので、できるだけストーリーも記しておきました
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed