叔父の画家、佐竹伊助さんが亡くなっていました。最近は疎遠でしたが、ご冥福を祈ります。

ネットというのは偶然情報が入ることがあるもので、私の叔父で画家の佐竹伊助さんが数年前に亡くなっていたことを知りました。
私の叔母(母の妹)が佐竹さんと結婚しており、叔母が亡くなってからは疎遠になってしまっていましたが、そのあとはまた良きご縁に恵まれ、画家としても個展など開催されていたようです。
モーツアルトのクラリネット協奏曲と交響曲第40番が好きで、特にクラリネット協奏曲の第二楽章を、世界でこんなに美しく哀しい曲はない、と、かって私の家に来てはレコードを懸けながら語っていました。私の父も母も元気だった少年時代の思い出です。
音楽と絵を愛し、生涯、表現をし続けたという意味では、幸せな人生だったのではないかと思います。
佐竹さんへ、ご縁は薄かった親戚ですが、今は懐かしく思い出します。
そちらでも絵を描き続けているのでしょうね。
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed