アニメ「めぐみ」は在日コリアンの生徒を傷つける?北朝鮮民衆を収容所で傷つけ死に追いやっているのは金独裁政権ですけど。

産経新聞の報道でこのようなものがありました。

北九州市で1日始まった日教組の教研集会では、北朝鮮による日本人拉致問題を学校で教えることについて、一部で消極的な対応があることが浮き彫りとなった。外国籍の児童生徒への教育に関する分科会では鳥取県の高校教員が、拉致被害者の横田めぐみさん(54)=拉致当時(13)=を題材にしたDVD「めぐみ」の学校での上映に批判的な内容を含むリポートを発表した。

 教員は「拉致問題を学習することは、やぶさかではない」と前置きした上で、「めぐみ」を昨年度は生徒に見せなかったことを明かした。リポートでは「めぐみ」について、「歴代の人権学習担当や組合員が在日コリアンの生徒を傷つけ、日本人生徒の朝鮮人に対する憎悪を助長する恐れがあると問題視していた」と主張。鑑賞させて感想を書かせるだけでなく、相当な事前学習が必要だとしている。

 「めぐみ」にはアニメと映画があり、いずれも政府の拉致問題対策本部と文部科学省が授業での活用を促している。アニメはめぐみさんの拉致事件を題材に家族の苦悩や救出活動を描いており、平成20年度に全国の小中高校約4万校に上映用DVDが配布された。

拉致被害者の支援組織「救う会」の西岡力会長は「在日の人々を責める内容ではなく、事実でないことは取り上げていない。北朝鮮が拉致を認めた当時から、在日朝鮮人の子供がいじめられるかもしれないと危惧する声はあった。現場の先生が心配であれば、事前学習を行うなどの配慮をした上で活用してほしい」と話している。

 アニメをめぐっては、福岡県行橋市の教育長が29年、学校で上映しない理由について市議会で「(在日韓国・朝鮮人への)いじめが起こる懸念を排除できない」という趣旨の答弁を行い、その後、撤回した。政府は学校現場で拉致問題への理解を促進するため、30年度から教員を対象とする研修を始めた。

https://www.sankei.com/life/news/190201/lif1902010030-n1.html
産経新聞 2019.2.1 18:54

これに対し、私のフェースブックにある方から、このような教師の姿勢、さらには日教組全体の稀有項はおかしい、どうしたらもっと拉致問題に積極的に取り組むように変えられるだろう、という趣旨の質問が参りました。それに答えたのが下記の文章です。以下、こちらにも書かせていただきます。

まず最初に申しますと、アニメ「めぐみ」は、丁寧に造られた良い作品だと思います。ただ、その上で申しますが、私はあの作品は、啓蒙のためには絶対必要な部分が足りない面があって、それは、この拉致を起こした北朝鮮というテロ国家の本質と、そして協力した朝鮮総連関係者の存在なんですね。そこを充分に描いていないので、この問題が一少女の悲劇ではなく国家テロだということが明確に伝わらないことになっています。

ただ、それはそれとして、政府がこのような作品を作り、これが現在進行形の問題であることを伝えようとしていることは意義があります。それを授業でやることが在日韓国・朝鮮人へのいじめにつながるというのは全くの馬鹿げた発言で、これは北朝鮮という国家と、それに従属する朝鮮総連メンバーが行ったことだということをきちんと教えればいいのです。その意味では、あの「めぐみ」以外に、金賢姫の事件や、よど号ハイジャック事件なども作品化すれば、より一層わかりやすいんですけどね。

もしお時間がありましたら、この教育委員会なり、或いは、今住んでおられる教育委員会に、このアニメ「めぐみ」をきちんとした解説付きで上映すること、これは教育者の義務だということをメッセージしてくださればと思います。そのとき「子供の人権、犯罪を許さない決意、他者の悲劇を自分の問題として考えること、国民を国家が守る義務、そして世界にはテロ国家が存在し、それを許してはならないという意志、こういったものすべてを教えることが学校教育の為すべきことであり、その最もわかりやすいテーマがこの拉致事件ではありませんか。なぜそれが民族差別やいじめと関係あるのですか。そもそも、北朝鮮の民衆を弾圧し飢えさせているのは今の北朝鮮独裁政権ではありませんか」という趣旨のことを伝えてくださるとありがたいです。参考になれば幸いです

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed