サワキカスミ&火の宮1985年ライブ「愛国者の真実の叫び」こんな映像残ってたのか

この映像が残っているとは思わなかった。確かこの日新宿ロフトにいたような気がする。

「自分の国を愛して悪いと進歩的文化人たちが言う 自分の国を悪く言えとガッコのセンセが教えてる 自分の国を悪く言えば それでお茶の間にのるとばかり 慇懃無礼の日本人が ウガウガウガウガわめいてる」

「自分を愛せないものが、どうして他人を愛せる?自国を愛せないものが、どうして他国を愛せる?」

「愛国からすべてが すべてが始まる 愛国からすべてが すべてが始まる」

「自分の国を悪く言えば 世界の皆から愛されると 正義ずらした日本人 ウガウガウガウガわめいてる」

今この人再評価されてもいいと思う。後、このライブ、ギターがフリーキーでかっこよかった。この後、サワキさんは占星術に向い、音楽からは離れていったように思うけど、なんか懐かしい映像。この人には、愛国者というより本質的にはアナーキストの風貌があった。在日外国人指紋押捺大反対、という歌もあったな。その意見に賛成とか反対とかを越えて、ほんと面白い歌手だったのだが。


You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed