沖縄知事選挙、デニー候補当選、保守派は敗因の分析が重要

沖縄知事選挙、デニー氏当選確実(NHK速報)。これについては県民の選択ですから、私のような県外の人間があまり直接的にコメントすべきではないでしょう。ただ、なぜ保守派の佐喜真候補が敗れたのかを、沖縄のみならず日本政府も自民党もきちんと考え分析しないといけない。何が足りないのか、どこが間違っていたのかを考え抜かなければ次も敗れます。

もちろん、保守派の候補に勝ってほしかった私としても、何か、自分の言論に足りないところ、間違っているところがあるのではないかということを真摯に反省する必要があるでしょう。

当たり前のことを言っておきますが、この結果をもって沖縄の人たちを見下すような、非難するような言動は百害あって一利なしです。(一部の著名な保守の方にそのような発言があると聞き、大変残念に思います)昨日、お名前は控えますが、沖縄出身の保守派、愛国者の知識人とお会いしていました。その方は明言はしませんでしたが、この結果はありうると思っておられるようでした。

そして、本土の私のような保守派が、沖縄の心情や事情をもっと理解すべきだし、下手な応援はかえってマイナスだということもおっしゃっておられました。私も大いに反省し考えさせられました。

とりあえず今は、佐喜真候補ならびに支援者の方々、時間も足りず急な選挙戦の中、よく戦ってくださったことに敬意を表します。そして、当選したデニー新知事も、これから現実の沖縄の問題を解決するために尽力くださることを期待しますし、その際は現実に物事を進めるために何をすればいいかを党派を乗り越えて取り組んでくださるようお願いします。いまは取り急ぎこれだけを記しておきます。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed