9月1日 封印されたディズニー映画「南部の唄」(1946年)上映会のお知らせ

封印されたディズニー映画「南部の唄」(1946年)上映会のお知らせ

このたび、ディズニー映画「南部の唄」(1946年)上映会を開催します。この映画は、ディズニーランド「スプラッシュマウンテン」の原作でもありますが、映画の内容に対し黒人団体などから抗議を受け、現在までディズニーはDVDソフト化などを自主規制していますし、再上映の可能性もほとんどないと思われます。

この映画への批判の中心は、南北戦争直後のアメリカが舞台(そう明言はしていませんが)で、まだ黒人への差別も色濃く残り、KKKなども生まれていくはずの南部を、まるで白人と黒人が仲良く暮らし、黒人も白人の下で働くことに何の不満も持たない、「南部幻想」の世界が描かれているというものでした。

この映画の黒人の描き方は、確かに類型的なものかもしれません。しかし、公民権運動以前に、黒人が主役で、黒人の語る民話で白人の子供が知恵と勇気を与えられる、という世界を描いたこと、素晴らしい黒人ボードビリアン、ジェームズ・バスケットの名演をフィルムに収録したこと、そのことの意義は決して小さくはないし、封印されるべき作品ではないと思います。

この作品のプレミア上映会はジョージアで行われ、主演のバスケットはその映画館には入れませんでした。その映画館は「白人専用」だったのです。このような差別があったことは事実です。しかし、この映画、そして原作となったJ.C.ハリスの小説「うさぎどん きつねどん」(岩波少年少女文庫)が、果たしてそのような差別に加担するような作品なのかどうか、ぜひご覧になっていただきたく思います

日時 9月1日(土) 午後6時開場 6時半開会

場所 TKPスター貸会議室市ヶ谷
  (東京都千代田区九段南4-7-22 メゾン・ド・シャルー201)
   http://www.kaigishitsu.jp/gmap/gmap-ichigaya.html
参加費 無料

主催 江東映像文化振興事業団 三浦

   連絡先 miurakotarou@hotmail.com
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed