水島新司讃(1) 「男どアホウ甲子園」のハチャメチャさ

水島新司讃歌(1)男ドアホウ甲子園

「ドカベン」(水島新司)が最終回ということが話題になっているようですけど、野暮なことを言うつもりはないですが、もともとは学園柔道漫画だったことが忘れ去られているような(しかも中学生)。「バックドロップ投げ」とかいうとんでもない技まであった。しかもその時柔道でライバルだった選手がすべてその後野球を始めるというのも中々すごい展開なのでした。

あのマンガが野球漫画としてうまく展開しだしたのは高校を舞台にしてからで、しかも里中という中性的なキャラクターをエースにしてから。それまではちょっと混沌とした漫画だった気もする。でも正直、あの初期の中学時代を舞台としたときの方が、野球や柔道に頼らずユニークなキャラが生きていたような気もしてきた(まあ、うろ覚えなのですが)もしかして、連載当初は、むしろ学園漫画を目指していて野球漫画にする気はあまりなかったのではないかなあ・・・

でもぜひここで力説したいのは、水島新司の二大名作と私が信じる「男どアホウ甲子園」と「銭っ子」、特に後者を絶対復刻してほしい。両方とも原作付きで、前者は佐々木守、この原作者は特に野球に思い入れがあるとも思えず、ひたすら劇画的・思い付き的な怪しげなや伏線やキャラを展開し(「高校野球ブローカー」とか「高校野球八百長賭博」とかあるのだ)しかも、途中でめんどくさくなったのか展開が難しくなったのかいつの間にかいなくなったり消えてしまったりする。

特に佐々木が当時の左翼学生運動に共感していたこともあって、野球とは全然関係なく、前半では高校全共闘だの右翼学生同盟だのが現れる。中盤以後、政治の時代が過ぎると今度は当時はやっていた特撮の影響か、高校野球なのにピッチャーが仮面ライダー風の仮面をつけて名前も顔も隠して「剛球仮面」として登板(審判も観客も高野連も全然疑問に思わないのもすごい)。

他にも松葉杖のライトとか、重要なキャラとして女性なのに男子高生として堂々とレギュラーを務める選手がいたりなど、後の「アストロ球団」をある意味で預言、いや、越えていたのではないかという作品でした。これだけ滅茶苦茶なキャラや設定を、きちんと「野球漫画」として描き構成したことが、「ドカベン」や「野球狂の詩」でも各キャラの生かし方にも確実に役立っていったと思う。

この漫画は今でも古書で買えるようですけど、たぶん復刻は難しいと思う。それは副主人公に近い立場の選手が、暴力団の息子で幼少時片目片腕を抗争で失っているという設定で、セリフでもしばしば「メッカチ」と言ったレベルの言葉がどんどん出てくる。(いま「どアホウ」だってやばいかもな)

水島新司が明らかに対抗意識を持っていた漫画「巨人の星」でも「日雇い人夫」とかいう言葉は現在は修正されている(たしか「日雇い労働者」だったか?どう違うというのだろう。そのうち「日雇い派遣労働者」とかになるのかしら)

水島新司も特に今この作品について語ろうとはしないけれど、佐々木の荒唐無稽、でもはったりのきいたストーリーを見事に消化し、かつ野球漫画にまとめたことは、繰り返すけれど水島のその後の作品に大きなはずみになったはず。

水島が野球漫画に本格的に取り組んだのは、「エースの条件」ですが、これは貧しさや、父親が犯罪者であることからの差別に堪えながら、ストイックにエースを目指す主人公を中心に、社会派的な要素の強い作品だった(しかも、最後は敗北で終わり、しかし精神においては何かに勝利したという、まるでニューシネマのような味わい)。もともと水島の資質はそちらの社会派的なものが強く、それが一気にエンターテイメント路線のテクニックを覚えたのが、この「男どアホウ」だったような気がする。

「ドカベン」や「あぶさん」がどうしても中心に語られるのはしょうがないと思いますが、既に60代に近くなったファンとしてはこの作品は紹介しておきたくて、ついつい書いてしまいました。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed