全然めでたくないが北朝鮮建国70周年、マスゲームも復活

北朝鮮、マスゲーム復活か=建国70周年の9月に

 【ソウル時事】9月9日に建国70周年を迎える北朝鮮が、大規模なマスゲームを復活させる見通しが高まっている。

 中国・北京を拠点に訪朝ツアーを企画する旅行代理店「コリョ・ツアーズ」は18日、北朝鮮が9月9~30日にかけ、マスゲームを実施するとフェイスブックに投稿した。(中略)
 北朝鮮は2013年まではほぼ毎年、約10万人を動員し、故金日成主席の業績を礼賛する内容のマスゲームによる芸術公演「アリラン祭」を開催。ただ14年以降は中止していた。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000117-jij-kr

私にとっては、人権弾圧のテロ国家が70年間続いたという誠に嘆かわしい事実を確認しなければならないのですが、今年は北朝鮮は建国70周年です。平壌でマスゲームを再開するという報道もされています。(建国記念日は9月9日、最後のマスゲームは2014年でした)

間違いなく、この建国記念日は、北朝鮮がアメリカとの会談を成功させ、新しい指導者である金正恩が、金日成・金正日ができなかった米朝和解を実現させたことを宣伝するものとなります。(これは金正恩に対する最大の権威付けとなります)

これは私の意見が外れたほうがいいのですけど、金政権は、その国内の矛盾は別として、今回の会談で確実に強化されていると考えたほうがいいです。国内で今だ多くの国民が飢餓で苦しんでいるとか(一方である種の新興財閥も出てきていますが)自由や人権が弾圧されているというのは皆事実ですが、あの体制は基本的にそういうことでは揺らがないと今の私は考えています。それよりもはるかに、対外的なパフォーマンスが成功したということの方が、プロパガンダ国家である北朝鮮では重要です。

勿論、だからと言って悲観することではありません。こういう時こそ、拉致被害者の奪還と、将来的な北朝鮮体制の打倒をすすめるためにはどうしたらいいかを考えるべき問です。まず、ものすごく単純なことから言っておきますが「マスゲームをやるお金とヒマがあるのなら、経済支援は必要ありませんね」というのは当たり前の姿勢です。日朝交渉を行う安倍首相が言いにくいのなら、自民党も、野党も、国民もそういえばいい。

さらに言えば、こういう記事もマスゲームの背景として読んでおいてほしい。

「マスゲーム失敗すると政治犯」 高政美さん(53)

今でも申し訳ない気持ちがいっぱいなのが、1990年前後の数年間、平壌で開かれるマスゲームで学生を訓練したことだ。

 私の大学では新体操選手の学生を年に1回マスゲームに参加させていた。マスゲームの2カ月前くらいに、二十数人の学生を数人の先生が引率して平壌入りし、宿舎に泊まって練習を重ねた。

 マスゲームではちょっとでも失敗すると政治犯。指導した教員も同罪だ。マスゲームができなかったことで行方不明になったという人がたくさんいた。

 私が教えていたのは女子学生。ソロの大事な場面があったけど、一瞬だった。それでも失敗しないためには、私が学生を厳しく指導しなくてはならなかった。たたいたり、蹴ったりしたこともあった。

 練習は厳しいが、平壌に呼ばれることは最大の光栄だ。宿舎での食事は豆乳とロシアから輸入された大きなパン。肉も少しだが食べられた。

 それから買い物に必要な伝票をくれるので、中国から輸入された傘とか長靴とか珍しい物を買うことができた。せっけんも貴重だった。マスゲームに参加すると全く違う生活ができる。

 脱北して日本に来て、自分がひどいことをしたと気づいた。やっと人間に戻ることができた。
https://digital.asahi.com/articles/ASG3G66RFG3GUHBI01T.html
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed