「時事評論石川」に掲載した「反近代の英雄 西郷隆盛その栄光と悲劇」について、ちょっと文章を書き直しましたので再掲載します

「時事評論石川」という、北潮社から発行されているミニコミがあり、最新号765・766合併号に「反近代の英雄 西郷隆盛その栄光と悲劇」という文章を掲載させていただきました。興味のある方は、〒920-0962 金沢市広阪1-2-23 北潮社 電話076-264-1119 ファックス076-231-7009 まで連絡ください。

その中で最後に赤報隊について触れました。そこだけを簡単にまとめたうえで引用させていただきます。私は赤報隊をこのような人々と考えているからこそ、朝日新聞へのテロを行ったグループが赤報隊の名前を使うことが腹立たしい。

私はどう考えてもあの赤報隊というグループが、右翼や民族主義の団体だったとは思えませんが、とにかく、名乗りもせず、個人の記者を殺害し、その正当化のために日本の歴史を持ちだすというのは、相楽総三と赤報隊の精神とは全く異なります。あのような行動は朝日新聞への批判にも何にもならない、単なる人殺しです。朝鮮総連に銃弾を撃ち込んだ事件も、何の意味もない行為で、あえて言えば結果的に総連を利するだけです。こういうことは朝日や総連を批判する立場からはっきり言っておきます。

長谷川伸「相楽総三とその同志」(講談社文庫)に詳しく彼らの戦いは書かれていますが、士農工商から博徒に至るまで、様々な立場の志士が結集した赤報隊メンバーは、鳥羽伏見の戦争を導いた、西郷による江戸における攪乱工作活動にも重要な役割を果たしました。何よりも、彼らの行動は、西郷も理想としたはずの、農民救済と討幕運動の連帯を基本としていました。

赤報隊は農民たちに「年貢半減」をアピールしていましたが、このスローガンは、当時の西郷隆盛書簡に「今年の租税は半減」「積年の苛政を寛められ候事」と記されているように、西郷自身も明確に支持していたのでした。

これは単なる民衆の救済や、農民を味方にするための宣伝だけではありません・農民出身の志士桜井常五郎が一隊の隊長を務める赤報隊にとって、年貢半減は、倒幕運動を、薩長の独占物ではなく、農民を含む全国の草莽の志士たちの連帯としての「国民運動」に発展させるための重要な政治テーマだったのです。

しかし、赤報隊は、「偽官軍」として、処刑・抹殺されてしまいます。桜井常五郎は処刑されさらし首になったのみならず、その立て札には「元百姓常作」という蔑視を込めた言葉が書きつけられました。長谷川伸は、さらに一言印象深い言葉を書き添えています。この常五郎の次女は「明治初期のころ、近くに製紙工場ができて、そこの工女に出ていたが、汽罐が破裂して惨死」しました。草莽の志士の娘は、彼らを置き去りに近代化を目指す日本社会の犠牲となって亡くなったのでした。

西郷がこの処置に賛同していたとは思えませんが、少なくとも、赤報隊の名誉回復に力を尽くした形跡はありません。思想史家渡辺京二は「この偉人の最大の汚点と言わねばならぬ」と明確に批判しています。しかし同時に、西郷が維新後、堕落する政府を見て、戊辰の戦死者に面目ないと泣いたときに、彼の心には相楽たちのことも必ず浮かんでいたに違いないと私は信じます。

この赤報隊について興味を持たれた方には、山田風太郎の幕末小説「旅人 国定龍次」(ちくま文庫)をぜひお読みください。

国定忠治の忘れ形見、龍次が、水戸天狗党に参加していた兄に偶然出会うところから話は始まり、出生の秘密を知った龍次が、傲慢な幕府役人を殺めてしまったことをきっかけに、あこがれだった渡世人修行に乗り出します。恋人のおりんがつかず離れず同行し奇想天外な道中となりますが、この小説にはいわゆる幕末の有名な侠客は清水次郎長ほかほとんど全員登場し、それぞれ個性的に描き分けられています。

もちろん山田風太郎らしい奇想天外、かつ怪奇趣味(毒蛇を使って敵を襲わせる傀儡子のシーンはまさに圧巻の恐ろしさ)に溢れた小説としても読みだしたら止まらない面白さですが、同時に、風太郎は龍次が勝手に思い込んでいたような任侠の世界はすでになく、彼らが利権化し権力と結託するか、もしくは裏の世界で政治的に立ち回っている有様をちゃんと描いています。

そしてこの物語は最終部、西郷隆盛、相良総三らが登場、相良総三が西郷の名を受けて倒幕活動の裏方として働き、西郷にほれ込んだ龍次もおりんもそれに協力していく様と、最後には、西郷自身によって裏切られていく過程を見事に描いています。エンターテイメントとしても読めますが、政治の世界に理想を求め、裏切られ、散っていった人々の悲劇としても読むことができるでしょう。ぜひご一読を。ラストは特に泣けます。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed