亀淵友香さん、天国へ。

亀淵友香さんが亡くなられた。数少ないゴスペルシンガーであるとともに、ボイストレーナーとしても影で多くの仕事をされた方だったと思う。

どうしてもこの歌は紹介したいので、ちょっとだけ書く。ゴスペルやリズム&ブルース、ジャスなどの歌唱ももちろん素晴らしいのだが、この曲も名曲名演。こうして抑えて歌っても、声の美しさと雄大さがきちんとが伝わってくる。

子供番組だと言って、いや、子供番組だからこそ手を抜いて作ってはいけないはず。最近テレビに全く無縁になってしまったので批評もできないのですが、知人の子供にプレゼントしようと思って日本昔話のDVDを買って、逆にこちらが感動してみてしまった。私が少年時代熱狂した特撮番組やアニメもそうだけど、ある意味、手を抜かずに作られたかっての子供向け番組は、おそらく現在の多くのテレビ番組以上のクオリティを持っているのでは(少なくとも一部の報道番組には絶対勝っている)

西岡恭蔵さんの追悼ライブで謡った「グローリー・ハレルヤ」

哀しく追悼するより、こういう歌と共に天国に旅立って、今は神様の前で歌っていることを喜ぶ方が、この人にはふさわしい送り方かもしれない

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed