今回の選挙に際し、候補者に質問を送ってみませんか?

もし、共感していただければ実行してくださるとありがたいのですが、選挙が始まった時、立候補者に対し、はがきでもいいしメールでもいい、いくつか質問など送ってもらえませんでしょうか。以下は簡単な例文です。自由に書き換えてください。

選挙の最中、返事が来るかどうかはわかりませんし、また、来なくても仕方がないとお考えください。必要なのは、国民がこのような問題に関心を持っていると伝えることです。仮に返事が来なかったり通り一遍のものだったとしても、意志を伝えたという証拠を残すことは意味があります。当選後、あの時は質問を送らせていただきましたが、今こそ国政の場で、この問題に取り組んでくださいと訴えることも出来ますし、仮に応援していた候補者が破れても、今度は、自由な立場で一国民として訴えてくださいと再び呼びかけることも出来ます。

私たち国民が、自分たちが声を上げても事態は変わらない、政治家に何を言っても通じないと思ってしまったときに民主主義は終わります。勿論質問や意見の趣旨は皆さん自由で構わないのですが、仮に下記の文章が参考になるようでしたら、ご活用くだされば光栄です。

(例文)

この度、国内および国外の諸問題を解決するために国政に立候補された決意に心より敬意を表します。今回、有権者の一人として、投票行動の参考にいたしたく、選挙戦の激動の最中、失礼とは存じますが、いくつか質問を送らせていただきました。もしもご返答を頂ければ光栄です。

1、北朝鮮拉致問題並びに対外的危機について

拉致被害者家族の方々は、一刻も早い救出を心から望んでいます。私も一国民として同じ思いです。もし当選の際は、その為に如何なる政策を提言するおつもりでしょうか。

また、平和を望む心はすべての国民の願いですが、現在金正恩政権は、ミサイルをわが国の領海内に発射し、核保有への道を歩みつつあります。また、中国は東シナ海、南シナ海への覇権主義を露にしています。日本国の主権と国民の生命を守るためには、これら平和を脅かしている諸国にどのように対処なさるおつもりでしょうか。

2、1に関連し、国内には金正恩政権の政策を全面擁護している朝鮮総連という組織があります。また、同じく同政権、並びに北朝鮮の歴代政権を礼賛する歴史教育を行っている朝鮮学校が存在します。北朝鮮に対し、制裁や抗議が必要とお考えであるならば、まず国内の朝鮮総連に対しても、政治家としての意思表明が必要と思われます。それについてのご意見をお聞かせください。

(原則はここまでです。以下は、もし付け加えたい方は付け加えてください)

なお、まことに失礼とは存じますが、1に関して、「国際社会と連帯して解決を図る」というご返事であれば、それは有権者としては誠に残念なご返事です。私は、そしておそらく北朝鮮にさらわれた同胞たちも、そのような抽象的なお言葉を望んでいるのではありません。

(1)政治家の意志として、拉致被害者救出のためには日本国がなしうるすべての行動をとる、その為には法整備を含めその行動の疎外となりそうなものを取り除く意志がある、もしくは(2)我が国は国際社会との連携と、現在政府が行っている制裁がすべてであり、それ以上の行動は現状ではとりえない、という、このいずれかのようなご返答であれば、いずれであれ真摯なご返答と思います。

なお、できれば送る時は、その選挙区に立候補した全候補に送ったほうがいいです。そのほうが公平な質問となります。回答があった場合公開するかしないかも各自判断ください、ただ、公開の意志がある場合は、最後に「ご回答はインターネットなどで公開する可能性があります、ご了承ください」は付け加えてください。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed