下川正晴氏の新著「忘却の引き揚げ史 泉靖一と二日市保養所」(弦書房)を、この8月、ぜひ読んでほしいので紹介させていただきます

下川正晴氏の新著「忘却の引き揚げ史 泉靖一と二日市保養所」(弦書房)を、この8月、ぜひ読んでほしいので紹介させていただきます

満州では多くの日本人女性が、ソ連兵によるレイプ、そしてその結果としての望まぬ妊娠という悲劇に襲われました。当時の日本国では、法律で堕胎は基本的に禁じられていました。しかし、当時医師たちは、彼女たちのために、引き揚げ港の博多、二日市保養所などで手術を実行することになりました。現地には高松宮殿下が医師や看護婦を激励に訪問され、そのこと自体が、事実上この手術を政府が承認していることを医師たちに伝えたのでした。

本書で私は、高松宮殿下をはじめ皇族の方々が、戦争末期から引き揚げに至る事態においてかなりの現地情報を得ていたこと、引揚者の保護のために積極的に動かれていたことを知りました。

しかし、この時の救援運動に、後の文化人類学者で朝鮮半島育ちの泉靖一氏が大活躍していたことは本書を読むまで全く知りませんでした。インカ・アンデス文明の研究者としてしか知らなかった泉氏がと、その周囲の方々の努力と勇気、そしてその同胞救出の成果は、まさにこれほどの人間がいたことを日本人として誇りに思えるような存在です。

一例を挙げますが、昭和21年段階、北朝鮮からの引揚者が急増、彼らの多くは栄養不良で、特に幼少児たちは、米軍が配給する高粱やトウモロコシが受け付けられず、餓死者が続出していました。半島の混乱期でもあり、頼みの綱のソウル・博多間の通信も連合軍により遮断され、迅速な救援運動ができる状態ではありません。泉氏は直接事態を打開するために、密航の罪すらいとわず朝鮮半島に渡り、そこで米軍に逮捕されています。そのとき泉氏はピストルを突き付けられながらもこう答えました。

「戦争で負けるということは、こんなに悲しい情けないことか、ということをはじめて見て知った。同胞が死ぬか生きるかの瀬戸際の運命を背負って、裸同然で北朝鮮から南朝鮮へ逃げてくる。おぶわれて、たどり着く。歩けなくて、はってくる。薬と金があったら、この人たちの何人かが救われるのです。しかし今、ソウルの救済病院には一銭のお金もない。それを知っていて、黙って見殺しにできますか。もし貴下がその立場に立たれたら、やはり僕のようになさったでしょう。私は(朝鮮半島への)再渡航は罪になることも知って渡りました。どうぞ私に、どんな罪でも与えてください。潔く受けましょう。」(164ページ)

幸い、この米兵は泉氏の心情を理解し、そのまま釈放してくれたとのことです。本書には満州におけるさまざまな悲劇についてももちろん触れられていますが、私は177ページに掲載された、泉氏が執筆した引揚船の中で配布されたこの文書に深い感銘を受けました。これほど具体的、かつ、傷つけられた人々の心に素直に受け入れられる文章はなかなか書けるものではありません。

「不幸な御婦人方へ至急ご注意!

皆さん、ここまで御引き揚げになれば、この船は懐かしき母国の船でありますから、まずご安心ください。
さて、今日まで数々の嫌な思い出も御ありそうですが、茲で一度顧みられて、万一これまでに「生きんがために」または「故国に還らんが為に」心ならずも不法な暴力と恐怖により身を傷つけられたリ、又はその為、身体に異常を感じつつある方には、再生の祖国日本上陸の後、速やかにその憂悶に終止符を打ち、希望の出発を立てられるために乗船の船位へ、これまでの経過を内密に忌憚なく打ち開けられて、相談して下さい。
本会はかかる不幸なる方々のために船医を乗船させ、上陸後は知己にも故郷への知れない様に、博多の近く二日市の武蔵温泉に設備した診療所へ収容し、健全なる身体として故郷へご送還するようにして居りますから、臆せず、惧れず、ご心配なくただちに船医の許まで御申し出ください」

著者の下川正晴氏は、これまで朝鮮問題などで大変優れた仕事をされてきた方であり、私個人の想いを記させてもらえれば、このようなジャーナリストこそ、真のリベラリストというべき方です。下川氏のお仕事の中でも、今回は最もスケールの大きい著書と思われますので、ぜひご一読をお勧めします、というか、読んでください。

下川氏は、「ジャーナリズム」の反対語を「マンネリズム」と指摘しています。これは、毎年この8月を、空襲、原爆、沖縄戦、そして15日というテーマ(それぞれが重要であることは言うまでもないのですが)でだけしか語ろうとしない現在のジャーナリズムへの厳しい批判でもあります。また同氏は、日本統治下の朝鮮半島において製作された映画の数々を紹介してこられた方でもあり、その方面でもいつか一冊の本を書いていただきたく思います。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed