「犬の伊勢参り」仁科邦男著 平凡社新書 犬好きの方には絶対おすすめ

「犬の伊勢参り」仁科邦男著 平凡社新書

犬が多少なりとも好きで、かつこの本未読の方には、ぜひご一読をお勧めします。種明かしは読んでもらうとして、まず、本書から引用します。

「江戸時代、将軍で言えば第10代徳川家治、幕府では田沼意次が実権を握っていたころ、犬が突然、伊勢参りを始めた。人が連れて行くわけではない。犬が単独で歩いていく。御伽噺ではない。実話である。」(犬の伊勢参り)

江戸時代、ほとんどの日本人は「一生に一度はお伊勢参りに行きたい」という意識を持っていました。もちろんいまのような交通機関もない時代、う簡単なことではありません。それが時々爆発的な流行となったのが「おかげ参り」で、仕事も何もかも放り出し、仲間と共に伊勢を目指す現象が、だいたい60年ごとに起きています。最初の犬の伊勢参りは、1771年のおかげ参りの時に置きました。もともと伊勢神宮は犬はけがれとして立ち入り禁止でしたが、この年、次のような不思議なことが起きました。

「4月16日午の刻(昼頃)、上方から犬が参宮したと町のほうで騒いでいる。その犬を観てみると、毛色は赤と白のまだらで、小さめの雄犬だった。ちょうど山田筋向橋の茶店で、おかげ参りの参詣人に握り飯を施しているところだったので、犬にも与えるとそこにいた人と同じように握り飯を食い、真一文字に外宮の方へ駆け出し、外宮北御門口から手洗場にいき、ここで水を飲み、本宮に来て、お皆の前の広前(広場)に平伏し、本当に拝礼する格好をした。常に犬は不浄を食うものなので、宮中に犬が立ち入ることを堅く禁じているが、この犬の様子は尋常ではないから、宮人たちは犬をいたわり抱えてお祓いを首に括り付けて離してやった。」(同書、原文は当時の外宮神官、度会重全著「明和続後神異記」より、著者が現代文に訳したもの)

この犬はさらに内宮にも向かって広場で「拝礼」し、その後は首にお祓いを付けたまま、山城国(京都南部)の飼い主、高田善兵衛のもとに帰りました。道中、様々な人が銭を与えたらしく、ひもを通して首に巻き付けた銭が何百にもなり、重くて大変だろうと銀の児玉に変えて首につけられていました。不思議なことに、他の犬もこの犬には吠え掛かることもなく、無事、伊勢参りをこの犬は果たしました。これが最初の「犬の伊勢参り」の記録です。

著者はなぜこのような不思議な現象が起きたのか、本書44ページで説得力のある解説をしていますが、これ以後「犬の伊勢参り」はこの犬だけではなく幾つも起きることになりました。ついでにこの話も付け加えておきますと、飼い主が、自分は病身、また年老いていてお伊勢様に参ることはできないので、お前が変わってお参りをしてくれと犬をなでながら言うと、夢枕に犬があらわれ「仰せに従い代参いたします」と述べたので、犬の首に飼い主の住所を括り付けて送り出した、犬は道中、お店や家などに食事をもらい、渡し場では船に乗って伊勢を目指す、という伝承も伝えられています。

この本を読んでいると、江戸時代の人間と犬、人間と動物の関係は、明治近代以後とは全く違うものだったことがわかります。

今はいわゆる猫ブームが起きていますが、その中で時々「犬は主人に忠節を誓い、猫は自由」みたいな比較論が時々見受けられます。言いたいことはわかるし大筋では正しいんですが、江戸時代は犬と主人の関係はもうちょっと違っていて、「里犬」という飼われ方のほうがむしろ多数派でした。犬の多くは横丁や長屋の路地や縁の下、村のお堂や藪の中に住み着き、食事は隣近所の誰からももらい、今でいう生ごみを「処理」していました。「伊勢参り」が起きたのは、このような「里犬」の存在無くしてあり得なかったことを本書は見事に解説し、だからこそ、犬を個人の飼い主が責任を持って飼うという「近代社会」が明治とともに訪れると「犬の伊勢参り」は消滅したことを証明しています。大変面白い本ですので、ぜひご一読を。

古谷経衛氏の「ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったか」を私は大変面白く読みましたが、かの本で唯一残念だったのは、このような前近代と近代の人間と動物とのかかわりが大きく変わったこと、西欧と日本の動物観の違いが今一つ突っ込んで論じられなかったこと。ぜひ古屋氏もこの本を読んでいただきたい!

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed