絶対面白いから読んでみて!「『スーホの白い馬』の真実」ミンガド・ボラグ著 風響社

「『スーホの白い馬」の真実」ミンガト・ボラグ著 風響社、この本、絶対面白いからぜひ読んでほしい!

「スーホの白い馬」は、確か私は小学校の時学校で教えられたような気がする。その印象はあまりにも強烈で、大塚雄三(再話)、赤羽末吉(絵)の絵本を親に買ってもらって繰り返し読みました。同じような経験はたぶんたくさんの人にあると思います。モンゴル民話として紹介されていたので、私にとってモンゴルのイメージはまずこの絵本で作られたようなもの。死んだ白い馬から馬頭琴が作られた、というストーリーで「馬頭琴」という楽器のことも知りました(実際にその音を聞くのはずっと後のことだったけれど)

ところが、それから数十年、南モンゴルの運動に多少なりともお手伝いをすることになり、知り合った在日モンゴル人に、幼き日にこの絵本を読んだ感動を語ると、別に皆さん否定はしないんですけど、あんまり反応は良くない。古本屋でモンゴル民話の本を見つけてさっそく買い求めて読んでみたのですが(「モンゴルの民話 松田忠徳編 恒文社)そこにもこの民話はなく、馬頭琴の起こりも全く違う話(本書に紹介されている「フフーナムジル」)になっている。どうも怪訝な思いがしたんですが、もしかして、これは日本だけで有名になった話なのかなあと考えていました。

その疑問が氷解し、しかも、「スーホの白い馬」にまつわる様々なエピソードが、ほぼすべて本書には明らかにされていました。まず、この民話は、中国の学者が1956年に編纂した民話集に「馬頭琴」という題名で収録されていたもので、これを大塚雄三が見事な日本語にしたものでした。そして、建国直後の中国共産党体制下、この民話は、実際のモンゴルの状況とは違う「階級闘争」のメッセージが入れられていること、ある意味これはモンゴル民話というよりは、中国人に改変された創作民話に近いこと、それにより、多くの点でモンゴル人から見たら違和感を覚える設定がなされていることを本書は丁寧に分析しています。

まずモンゴル人の感覚では、どんな悪い殿様であれ、馬に矢を射かけるなどということは考えられないとのこと。さらに、矢で傷ついた白い馬がスーホの家に帰ってきてから、スーホはただ矢を抜くだけだけれども、馬が傷ついた場合はかならず傷口を化膿しないよう消毒すること、そもそも、モンゴル人の騎馬技術から行けば、乗り手のいない馬がどんなに速く走ろうと、必ず騎馬兵は追いつく(乗り手が馬の疲労を巧みにコントロールできるから)など、これはモンゴル人でなければわからないなという指摘にはいちいち感心させられます。そして、もともとの中国語版では、「馬頭琴を弾くたびに、スーホの中に殿様への憎しみがよみがえる」という文章があり(大塚氏は表現を巧みにやわらげ書き直しています)抑圧者である殿様と、貧しいスーホの関係を「階級闘争」として描こうとしていますが、モンゴル民話では、殿様を知恵者がからかい笑う話はあっても、憎しみや怒りはほとんど表現されておらず、そもそも「階級闘争」などは遊牧民の世界ではほとんど存在しなかったことを本書は説明していきます。

実は、最初はモンゴル人共産党指導者も、中国人共産党が押し付ける階級闘争論、そしてとくに土地改革に反対していました。著名な指導者ウランフが、最後には弾圧されてしまったのもこのことがあったのかもしれません。著者が本書で説得力ある筆致で述べているように、モンゴルの富裕層や牧畜主は多くの家畜を有し、使用人を使っていたのですが、常に移動している遊牧民であったため、基本的には「使用人は広大な草原を家畜とともに移動する生活を送」り「スーホのように精神的にも身体的にも縛りがなく、自由な生活を送っていた」のでした。この遊牧民の生活伝統を否定し、土地を農地に変え、それによって飢餓と交配をもたらしてしまったのが、中国共産党の「階級闘争論」と「土地改革」政策だったことを、本書は見事に解き明かしています。

そして、本書で驚かされたのは、1943年、当時は満州だった内モンゴルにチンギス・ハーン廟が建設されたときに、この絵本の画家、赤羽末吉が、廟の壁画制作にかかわって南モンゴルを訪問していたこと、さらには著者の知人でアジャーという接骨医が、子供のころこの画家と会っていたかもしれないというエピソードでした。すごい縁としかいいようがないのですが、赤羽はモンゴルの大草原のイメージを描くために、この絵本を大型版、しかも横長の本にすることを出版社に強く求めたということです。(著者の、1943年にはモンゴルで干ばつがあった時期で、この絵本で草原が緑ではなく赤く描かれているのはそれもあるかもしれないという指摘は説得力があります)著者は、決して大塚、赤羽の再話を否定しているのではなく、彼らが当時の知識の範囲内で、しっかりモンゴルの魅力を伝え、特にモンゴル草原のスケール感を描こうとしたことは公正に認めています。

そして、この本では民話を語りつつも、現代詩におけるソ連や中国のモンゴル侵略と、特に僧侶の虐殺、そして現在の環境破壊の問題をも鋭く告発しています。特に、モンゴルの現在の砂漠化を、遊牧のせいだとする中国政府の説明がいかに欺瞞的であるかをつづる著者の言葉には、モンゴル人としての怒りが直に伝わってくるようでした。また、著者もまた馬頭琴演奏家であるため、この楽器の歴史と発展について、特にシャーマニズムとのかかわりについての記述は、モンゴル文化論としても興味深いものでした。とにかく、いろいろな意味で本当に面白く、また考えさせられる本ですので、どうか皆様お読みくださるようにお願いします。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed