共和党のトランプ、民主党のサンダース、二人の異端児のルーツはこの男だ!●ドキュメンタリー『ポピュリズムの体現者 ヒューイ・ロング』上映会(3月21日)のお知らせ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【シネリベルテ・ランディ(月曜日の映画自由区)第二回上映会案内状】
かつてルイジアナのド田舎から、“格差是正”をひっさげてウォール街に喧嘩を売った男がいた!

共和党のトランプ、民主党のサンダース、二人の異端児のルーツはこの男だ!

●ドキュメンタリー『ポピュリズムの体現者 ヒューイ・ロング』上映会

第一部 映画『ヒューイ・ロング』上映

第二部 トークイベント

定員数は45名ほどです。誠に申し訳ありませんが、45名で上映会の入場は締め切らせていただきます。

●解説

ヒューイ・ロングとは―――、
1920年代後半から30年代前半、ルイジアナ州知事、ルイジアナ選出の上院議員、そして大統領候補にまで登りつめ、ルーズベルト大統領最大の敵となった人物。「富の共有化」という過激な累進課税を提唱し、ロックフェラー、ロスチャイルド、モルガンといったウォール街の支配者達に真っ正面から戦いを挑んだ政治家。
彼は、貧困層には手厚い福祉政策を実施した。アメリカ随一の貧困州のルイジアナに公共事業でインフラを整え行き渡らせ、教科書を無償配布し、貧困家庭の子供達にも教育を充実させた。反面、ルイジアナ州を私物化し、反対派を弾圧し、自らも腐敗にまみれた独裁者でもあった。
いま、世界中でグローバリズムが猛威を振るっています。また、良くも悪くもグローバリズムに抗う動きもあちらこちらで吹き上がっています。ヒューイ・ロング、彼もまた[グローバリズム=新自由主義]に抗った人物であった。
今日の日本も、クローバリズムによってもたらされる格差貧困に苦しめられています。それらの打開策を、保守もリベラル左翼もいまだに持ち得ていない。 「格差是正」「弱者救済」が長らく左翼リベラルの専売特許のように思われてきたが、保守こそが弱者救済を訴える時であり、反グローバリズムを訴える時である。
この二十数年、保守派が支持してきた「規制緩和」と「公共事業敵視」が何をもたらしたかを考える時がきた。
ヒューイ・ロングという功罪相半ばする1人の政治家の足跡が、もしかしたら何らかのヒントになってくれるかもしれない。
ヒューイ・ロングは、1935年9月8日、バトンルージュのルイジアナ州会議事堂で銃弾を浴び、2日後の9月10日に死亡した。 享年、42歳…。
ロングの死後、ルーズベルトを脅かす者は誰もいなくなり、やがて日米戦を迎えることとなる。

●日程 3月21日

●会場 シネマカフェ・ソト(TEL03-3905-1566)
●住所 東京都北区上十条2-27-12 スズキビル B1F
●最寄りの駅
JR埼京線十条駅北口より徒歩1分 駅前ロータリーに向かって左側、美容院「RAG」さんと「不二家」さんの間の階段を降りたビルのB1階
●受付時間 午後12時45分~午後1時
●映画上映時間 午後1時~午後2時45分ぐらいまでを予定
●入場料 男性1100円 女性1000円 ※注意事項 釣り銭が不足しているので、五千円札、一万円札はご遠慮下さい。 貴重品は御自身がお持ち下さい。また、自動車・自転車でおこしの方の飲酒はお断りします。 貴重品の紛失、飲酒による事故がおきても、当方は責任を負いませんので、くれぐれもご注意下さい。

●トークイベント 【保守よ弱者を忘れるな!弱者よ、己の足で立て!】

トークイベントは、午後3時~午後5時半ぐらいまでを予定
●懇親会
午後5時50分ぐらいから45分間ほど、シネマカフェ・ソトのレストランバーで、プレ懇親会を開きます。 その後、午後7時ぐらいに近所の居酒屋で本格的な懇親会をやる予定です。 懇親会に御出席される方は、プレ懇親会時に、懇親会のチケットをご購入下さい。 7時からの懇親会の参加費は、1人三千円ぐらいを予定。
●シンポジウム参加パネリスト
◆朝比奈なを・教育評論家
(2015年10月15日放送テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』“そもそも総研”出演。著作『見捨てられた高校生たち』)
◆角間惇一郎・一般社団法人GrowAsPeople代表理事
(主に日本国内の性風俗産業に係る女性に対してのセカンドキャリア支援事業を行っている。越谷市男女共同参画推進委員。『週刊SPA!』2013年5月“週刊チキーダ!”「彼女たちの次へ」にて荻上チキ氏と対談。映画『子宮に沈める』の広報協力を行う)
◆立川健四郎・介護ライター
(専修学校日本映画学校卒。ルポライターとして、自らの世代の問題であるニート、フリーター問題、介護士の低賃金問題を広く探求。『使い捨て店長』第二章“チェーン店の店長になるには?”の執筆者)
◆三浦小太郎・作家、評論家
(90年代から北朝鮮の人権問題や脱北者の支援活動などに参加。北朝鮮問題で度々日本文化チャンネル桜に出演。著作『嘘の人権 偽の平和』)
◆フミエイツ
(日本人として弾圧される人々を助けたいシンガーソングライター。2008年北京五輪を機にチベット、ウイグル、南モンゴル、中国民主化支援を始める。漫画『南モンゴルを知っていますか』作者。アジア自由民主連帯協議会常任理事)

主催    シネリベルテ・ランディ

連絡先  メール;medusa_wtsser@softbank.ne.jp

友人が企画している上映会の紹介です。私も一応出ますので、興味のある方は是非ご参加ください。

宣伝ですが、拙著

渡辺京二 (言視舎 評伝選)  2016年3月18日発売です。
よろしくお願いいたします。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed