昨日床屋で「青春少年マガジン 1978~1983」(小林まこと)を読んだ

昨日久々に床屋に行き、待ち合わせ時間中、本棚におかれた「青春少年マガジン」(小林まこと)を読みました。読もう読もうと思ってなんとなく買わずに来ていた本でしたが、いや、床屋の待合室で思わず涙ぐむとは思わなかった。

内容はあまり触れませんが、小林まこと、小野新二、大和田夏希の三人の漫画家の物語。一応主人公は作者でもある小林ですが、彼が書きたかったのは、かっての『同志』であり若くして世を去った二人の漫画家のことだったのがわかる。この二人がどんなに漫画が好きで、いい作品を書こうとうちこんでいたか、そして連載や人気投票のプレッシャーと闘い、傷つき、一人はアルコールで肝臓をやられ、一人は自殺を選ぶしかなかったことが、読者にまっすぐに伝わるように描かれている。

彼らのファンの方々には申し訳ないんだけど、私個人は、この三人はそんなに豊かな才能に恵まれているとは思っていないんです。もちろん、マガジンで連載し、今もファンはいるのだからそうはいっても半端な才能ではないですよ。例えば梶原一騎が才能を枯渇させ乱れていた時代の破たんした原作を、とにかく漫画として完成させた「初恋物語」を読めば、小野新二という人の絵と構成力がいかにこの作品を救ったかがわかる(とはいってもやっぱり失敗作ですけどね)。大和田の「タフネス大地」だって絶対過小評価されている作品で、ユニークなボクシング漫画としてもっと読まれていいはずだ。試合以外の部分をできるだけ書き込まなければ、ボクシング「漫画」ではない、という作家の信念はすばらしい。ただ、それは認めた上で、やはりこの三人は、超一流とか天才とかいう言葉よりも、味のあるB級作品を生み出した人たちというイメージがある。

ただ確実に言えるのは、この3人は少年マガジンの流れを変えたはず。「巨人の星」『あしたのジョー」から「空手バカ一代」「おれは鉄兵」「釣りキチ三平」の流れと、永井豪にたんなるエロスだけではなく赤塚フジオ的な前衛ギャグを書かせていたマガジンでしたが、その路線が部数的にも行き詰まっていたころ、彼らは全く新しい個性としてあらわれた。当時マガジンはラブコメ路線(翔んだカップル)が売れていたんだけど、もっともそのセンスも絵柄も持っていただろう小野新二も、単純なラブコメではなく一ひねりしたストーリーや設定にこだわった。彼らの試行錯誤は、必ずしも成功したかどうかはわからないけど、マガジンの歴史に残る作家たちだったはずです。

その上で、「まんが道」の時代と違い、もう週刊誌体制の時代になっていた漫画界では、この作品にも書かれているような過酷な締め切りと大量生産、同時に、人気投票の圧力がかけられていた。この漫画の中で一番背筋が凍る思いをしたのは、大和田が精神的に追い詰められて階段を降りられなくなるシーンと、ニヒルを装う小野新二がリューマチの激痛に耐えながら、それでも漫画を描こうとするシーン。ここまでうちこめれば本望だなどというきれいごとも吹っ飛ぶ、まさに人間の「業」を感じさせる物語でした。

そして、この時代もまさにこういう空気があったように思う。政治運動の時代は終わっていたけど、70年代末から80年代初頭にかけては、私はある種の熱気が政治とは別の形であったように今でも思っています。音楽でも、演劇でも、映画でも、現代思想でも、何か新しいものが始まる気配は確かにあったし、何かしなければならないという思いもあった。それがうまく展開できたとは言わないけれど、何かを作り出せるんじゃないかという熱は確かにあって、それはこの漫画家たちにもきっと共通した思いだったんじゃないかと、この本を読みながら改めて思います。

小林まことは、たぶん、この時代とこの二人の漫画家のことを絶対に忘れたくないはずだ。だからこそこの漫画を、彼らへの追悼の記録として書いたのでしょう。時代を超えた普遍的な天才なんてそんなにいるもんじゃない。その時代に生きその時代にしかできない表現に自らを捧げた人たちは、どうしても時代の移りとともに忘れられるのは宿命かもしれない。小林まことは「1,2の三四郎」を、テーマを変えつつ展開することに成功し、長谷川伸にまで行き着いた。これはこれで素晴らしい。でも、その時代に燃え尽きてしまった二人の漫画家とその作品のこともぜひ書き残しておきたいという小林の心にも泣けましたね。

今私も仕事一つ抱えてるんですけど、この漫画家に比べたら楽なもんだ・・・

頑張らねばという思いに駆られました

勝手な思い込みなのですが、この70年代末から80年代初めまでの空気は、この曲にすごく表れているような気がする。


You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response to “昨日床屋で「青春少年マガジン 1978~1983」(小林まこと)を読んだ”

  1. 3、4の五六兵衛 より:
    あなたはB級と評価した小林まことは、私は天才漫画家と思っております。
    筆は遅いしいい加減ですぐ落とすし休載もするけどね。。。
    評価は人それぞれ。
    だが、トーシロのくせに、いちいちあいつはB級などと評論するのはいけすかないね。
    売れたか売れなかったか、結果が全て。
    what’s Michaelの大ヒットは、ファン全てをバカにしてるし、
    トーシロごときがB級呼ばわりしてる作者に失礼極まりない

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed