殺処分免れた救助犬「夢之丞」、ネパールへ出動(ニュース)

殺処分免れた救助犬「夢之丞」、ネパールへ出動 人に捨てられた命が人のため駆け回る

 殺処分寸前の捨て犬から災害救助犬になった「夢之丞(ゆめのすけ)」。広島土砂災害でも活躍し、現在は地震で大きな被害を受けたネパールで活動中です。殺処分される予定だった日、処分数が多くて後に回されたことで助かった夢之丞。人によって捨てられた命が、災害に苦しむ人たちの命を救うべく活動しています。

現在カトマンズに派遣中

 夢之丞は、紛争地や被災地で人道支援をしているNPO法人ピースウィンズ・ジャパン(広島県神石高原町、PWJ)の災害救助犬です。現在、ネパールで起きた地震の被災者救援と支援のため、PWJの緊急支援チーム6人と、仲間の災害救助犬ハルクとともに、首都カトマンズで活動中です。チームは倒壊した建物の周辺などで捜索活動を始め、水や食料などの支援物資の調達にもあたっているそうです。.

救助犬向きとは言えなかった

 2010年11月、夢之丞は広島県動物愛護センターにいました。殺処分される順番の日でしたが、処分数が多くて後に回されました。そんなとき、救助犬候補を探しに愛護センターを訪れていたPWJのスタッフが夢之丞を見つけ、引き取ったのです。

 「人によって捨てられた犬が人の命を救う」という目標の下、専門のドッグトレーナーが捜索や救助の訓練をしてきました。生後4カ月だった夢之丞は人への警戒感が強く、救助犬向きとは言えなかったといいます。まずは人に慣れさせ、「待て」「座れ」などの基本動作を覚えさせました。人の指示に従う訓練や、がれきの中を歩く練習などを繰り返したそうです。

広島土砂災害でも活躍

 災害救助犬の役割は、地震などの災害時にいち早く現場に駆けつけ、がれきや土砂の中から一人でも多くの命を見つけ出すこと。初めての出動は、昨年8月の広島土砂災害の現場でした。仲間のハルクとともに土砂が流れ込んだ民家を捜索し、行方不明になっていた遺体を発見しました。

 人を捜すのに必要な好奇心が持続せず、臆病だったという夢之丞。広島に続いて昨年末には台風被害を受けたフィリピンへ派遣されていて、今回のネパールで3度目の出動となります。

 PWJの広報担当・大成絢子さんは「ネパールでも犬とスタッフの安全を第一に考えながら、一人でも多くの命を救えれば」と話しています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000001-withnews-int

以前このブログでも紹介しましたが「災害救助犬が行く」(ハンク・ホイットモア&キャロライン・ハーバード著 新潮文庫)は大変面白く興味深い本。ぜひご一読をおすすめします。本書での印象的な言葉を今一度引用しておきます。

アルメニア被災地での或る老人の言葉は胸を打つ。

アルメニア人の老人は、どの人を先に救出すべきか、神のお導きに任せるしかなかった、と述懐した。時には、助けを求める声を無視し、心を鬼にして通り過ぎたという。助けてやりたくても、助けようが無いからだ。そして、助かる見込みのある人のところへいった。老人によれば、瓦礫の山を歩いていると、声がするのに誰も見当たらないことがあったらしい。『地面が泣いて助けを求めているようじゃった』と彼はいった。
『わしらが死者やけが人に冷淡だ、なんて思わんでほしい。ここの人間はほとんど全員が誰かを亡くしとる。わし自身も妹を亡くした。あまり苦しまずに逝ったと聞いて、少しほっとしとるんじゃ。涙もでなかったよ。まだ生死もわからん身内を、探し出さないといかんのでな。やることがどっさりある。泣く時間なら、あとでいくらでもできるじゃろう。』そして老人はアルメニアのことわざを付け加えた。
『神が木を苦しめれば、木は折れる。神が石を苦しめれば、石は割れる。しかし、神が人間を苦しめても、人間は生き残る。だから人間は偉大なんじゃよ。』
http://miura.trycomp.net/?p=289

それと、PWJについてはいつも思うんですけど、本当に「広報」がしっかりしていて、これは素晴らしいことだと思う。個人の善行や篤志家の寄付は、それは、隠れてやるのも一つの美徳かもしれない。しかし、団体として行動するときは、きちんとやっていることの意義を公開し、理解を得やすいよう広報するのはむしろ必要というより寄付してくれた方への責務でもあるんですよね。この辺がこれまでの日本の団体は一部を除いて弱かった。この記事で、処分されそうな犬を引き取ることの意義もわかるわけだし、災害救助犬への理解も広がる。こういう記事は大切だと思うので紹介しました。

ユダヤの古典タルムードに「一人の命を救うものは全世界を救う」という言葉があります。この言葉に最初は私はすごく抵抗があったけど、最近、やっとこの言葉の意味が少しだけわかってきた。時間が経つごとに救出は難しくなるのかもしれないけれど、一人を救うことの意義をこれほどはっきりと言い表した言葉は少ない。現地の方々の健闘を祈ります。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed