キャラメルボックス『TRUTH』を観て改めて「持続は力」と実感した。あと続編観たいなあ

キャラメルボックスが描く壮絶な幕末時代劇
キャラメルボックス『TRUTH』 

演劇集団キャラメルボックスの代表作『TRUTH』が、7月26日、東京・サンシャイン劇場で開幕した。15年前に初演、9年前に再演され、延べ9万人動員した人気作の3回目の上演。劇団創立から29年の歴史のなかで、もっとも熱狂的に観客に受け入れられた作品である。「キャラメルボックス初の悲劇」と銘打った、この幕末時代劇をひと言で語るなら、「壮絶」である。壮絶な生き様、壮絶なラストシーン。物語だけでなく、実際に繰り広げられる壮絶な戦いの数々。見応えがある、というような表現では収まりきらない。体力的にも、精神的にも、演じる俳優には大きな負担がのしかかる。

慶応4年(1868年)、京から2年ぶりに江戸の藩邸へ帰ってきた上田藩士・野村弦次郎(畑中智行)は、倒幕のために立ち上がるべきだと、藩の仲間たちに訴える。一致団結しようと画策していたときに、隼助(左東広之)が改造した銃の暴発が原因で、弦次郎は聴力を失ってしまう。弦次郎は仲間の鏡吾(大内厚雄)に陥れられ、相手が親友の英之助(三浦剛)だと知らぬまま斬殺してしまい、追われる身となる。英之助の声が、弦次郎には届かなかったのだ。オープニングから、いきなりの大立ち回り。全編クライマックス。2時間、一瞬も息つく暇がない。

タイトルになっている「TRUTH」は、劇中では「誠のこころ」という意味だ。幕末を生きる6人の志士たちが、それぞれ思い抱く誠のこころ。その信念に嘘をつくことなく、突き進む姿は、若者特有の眩しさがあり美しい。しかし、まっすぐだからこそ、立場や身分の違いから生じたズレを修正することもできず、仲間同士で斬り合わなくてはいけない状況に追いこまれていく。(後略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000003-pia-ent

キャラメルボックスの演劇『TRUTH』を観ました。この劇団、シアターモリエールで「グッドナイト将軍」を観て以来のファンですが、改めて思ったのは、持続は力、初心忘れるべからずを貫いている劇団だなあということ。成井豊も真柴あずきも、そして何よりもいつも前説を述べる加藤プロデユーサーも、いい意味で何も変わっていない。

この芝居はキャラメルボックスの中ではちょっと異色の悲劇的作品と言われているそうだけど、もともと真柴あずきの脚本はそういう傾向というか、現実の厳しさや理想の崩れる姿などを成井の脚本よりストレートに描くところがあった。そしてとにかく今回は大内厚雄のかっこよさ。ある意味この演劇の主役というべき存在なんだけど、無実の罪で自害に追い込まれた父親の無念をしょって、しかも仲間たちの理想の裏にある偽善に傷つき続けている姿を中々深みのある芝居で表現してました。この作品がキャラメルボックスの代表作とは思えないし、むしろ異色の作品であることは確かだが、見ごたえのある芝居であることは間違いない。

キャラメルボックスはとにかく、値段分はちゃんと楽しませる、キャラメルに求められている世界をお客に提供する、ということを、デビュー当時からずっと持続している。演劇の革命とか新しい試みとか、そういうものはあまりないし、実はかなり冒険的な試みもやっているんだけど(例えば初期の「デイアーフレンヅ・ジェントルハーツ」の現実のプロ野球の試合と小説家のストーリーの組み合わせとか、「不思議なクリスマスの作り方」での、今でいう引きこもり少年がチャーリー・ブラウンの世界を妄想する姿の描き方をなど)それをエンターテイメントの中でちゃんと昇華して客席を置いてきぼりにすることは絶対にしない。結成29年ということを劇場パンフで知りましたが、持続できたのは本当にすごい。

そして、この公演も、悲劇的とはいってもちゃんと希望を提起して終わる。ある意味絶望的な幕切れですよ。一人は聴覚を失い、一人はすべてのたくらみが露呈して裁きを受けるし、すべての友を失った。しかし、加藤プロデユーサーが劇場パンフに書いていた言葉は中々素晴らしい。「29年後に、弦次郎と鏡吾が力を合わせて何かを成し遂げようとしている姿を。僕は夢見てしまいました」この言葉は芝居を観終わって読んでずしんと来ましたね。

29年後ではちょと苦しい気がするが、むしろ自由民権運動の中でこの二人が活躍するのが見たいなあ。弦次郎はジャーナリストとして民権論を新聞に書きまくっているかもしれないし、鏡吾はある意味死に場所を西南戦争か、または秩父困民党の中に見出したかもしれない。博徒となって民権運動を応援する鏡吾なんて、何か見たい気がするし。まあ、そういうのは観客が頭の中で自由に楽しむのがいいんだろうけど。

とにかくキャラメルの芝居って見ると元気になるというか、もうちょっと真面目に生きてみるかって思いますよ

こういう臭いセリフを吐かせるのがこの劇団の力。よろしければぜひ池袋サンシャインへ。
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed