ショーケン(萩原健一)讃 この人ってボブ・デイランのボーカルスタイル絶対影響受けまくっている

萩原健一はもちろん人気あるんだろうけど、なんとなく私にとってはこの人いまだに過小評価されているような気がする。まさにテレビ史上の二つの大傑作「傷だらけの天使」と「前略おふくろ様」で、全く正反対というべきキャラを演じいずれも他の人では考えられない名演をしただけでも、この人は歴史に残るはずだし、今60,70年代を回帰するようなドラマや映画を観るなら、この二作は絶対、本物のあの時の日本人の感性が宿っていたものとしてDVDで見直してほしいと思います。「傷だらけの天使」のニヒリズムとダンデイズムは「真夜中のカウボーイ」に全然負けていないダメでみじめなカッコよさだったし「前略おふくろ様」って、人情ドラマだけど全然甘くないしきれいごとに終わらないところがよかった。(あとこの二つはいずれもオープニングが最高!)

同時に、歌手としてのショーケン、この人のボーカルスタイルってボブ・デイランやボブ・マーレイの影響をものすごく受けて、しかもそれをきっちり消化していると思う。例えばこの曲、いわゆるレゲエの物まねではなく、そのリズムとボーカルを本当に血肉化しているのでは。


ここでのショーケンの、ちょっと大丈夫かって思うほどの踊りにしても、まあ実際にやってたからドラッグの影響言われてもしょうがないのかもしれないけど、マーレイのライブでの踊りとか見るともうこんなもんじゃないですよ(まああっちもマリファナすいまくってたけど)。レゲエのリズムから来るスタイルとしてはとてもわかりやすいと思う。
しかし、越路吹雪さんのカバーとしてはやはりこれが最高傑作。キヨシローの「サントワマミー」もここまでのかっこよさはない。

そしてこの曲は、ボブ・デイランの「サラ」などのラブソングとすごく近いものを感じる。


中山康樹氏が、デイランの魅力は男の情けなさを歌えるところだ、という意味のことを言っていたと思うけどこのきれいなメロデイをわざとずらしつつ歌ってせつなさを漂わせるところ、言葉の大切な扱い、一曲の中でも様々に変わる声質、これは本当にデイランを聴きこんだ人か、そうでないとしたら、本質的にすごく近い人なのでは。

ショーケンには傑作のライブアルバム「DONJYUAN LIVE」という名盤があり、これなんかはロックがどうとかではなく、日本屈指のボーカリストの名盤としてもっともっと高く評価されてしかるべきもの。上記映像に興味を持たれた方は是非一度聴いてみて下さい・スタジオアルバムでは「D,ERLANGER(デランジェ)が捨て曲は一つもない名盤。

この人とか、沢田研二とか、もっともっと聴かれてもいい歌手。ぜひおすすめします。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed