ルービン・ハリケーン・カーターが天国に召された

(CNN) 米国の冤罪(えんざい)事件で19年間服役した元ボクサー、ルービン・カーターさんが20日、前立腺がんの合併症のためカナダのトロントで死去した。76歳だった。冤罪被害者の支援団体関係者が明らかにした。

1960年代にプロボクサーとして活躍したが、66年にニュージャージー州で起きた事件で3人を殺害した罪に問われ、有罪判決を受けて翌年終身刑を言い渡された。

後にこの判決は覆されたものの、76年に再び有罪の判決。85年になってその判決も破棄され、19年ぶりに釈放された。検察側は88年に不服を申し立てていた。

この間にカーターさんを支援する運動が盛り上がり、米歌手ボブ・ディランさんがカーターさんの無実を訴える歌を発表したほか、プロボクサーのモハメド・アリさん、米俳優のバート・レイノルズさんらも支援した。

カーターさん自身も釈放後は冤罪被害者の支援活動にかかわり、93年から04年まで支援団体の初代代表を務めた。

本人が獄中で執筆した自伝をはじめ、カーターさんを題材にした書籍も多数出版された。1999年には映画にもなり、主演のデンゼル・ワシントンさんはアカデミー賞にノミネートされた
http://www.cnn.co.jp/showbiz/35046834.html

ボブ・デイランのアルバム「欲望」を初めて聴いたのは高校生、とにかく衝撃的だった。デイランにはもちろん素晴らしいアルバム沢山ありますよ。しかし、この一曲目「ハリケーン」から最終曲「サラ」まで、これほど名曲揃いのものも少ないし、ロックとかフォークとか民俗音楽とか(南米音楽の味わいがこんなに含まれたデイランのアルバムはない)そういうジャンルを超えて、まるで旧約聖書のユダヤの預言者のように訴えるデイランの声が突き刺さってくるアルバムもそうはない。「イシス」とか「コーヒーをもう一杯」とか、こういう曲はこのアルバム以外のどこにもない音楽、としか言いようがない名曲です。セラ」は、デイランが男の情けなさを歌うとまさに最強であることの証明。離婚寸前の奥さんにこういう歌を歌えるという無防備さがすごい。

そして、このアルバムで、ハリケーンことルービン・カーターの名前を私は知りました。この事件と彼の生涯について、拙著「嘘の人権 偽の平和」でも論じてみましたが、この冤罪事件と、そしてカーターとカーターの支援者との連帯とそして矛盾とは、単なる事件の枠を超えて、差別・被差別の問題の普遍的なテーマが含まれているような気がします。

袴田事件にもコメントしていたカーターですが、きっと彼の冤罪が晴れつつあることを喜んでくれたと思います

カーターの貴重な映像が下記で観ることができます。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed