偶然・・・潮田益子氏の訃報を「田園」を聴きながら知った

【訃報】日本を代表する名ヴァイオリニスト、潮田益子さん、逝去

5月28日、米国マサチューセッツ州ケンブリッジにて、白血病のため、お亡くなりになりました。享年71歳でした。心よりご冥福をお祈りいたします。

潮田益子さん(1942年4月4日、旧満州の生まれ)は、桐朋学園に学び、1966年の“チャイコフスキー国際コンクール”第2位。日本を代表するヴァイオリニストの一人として世界的に活躍されました。

協奏曲のソリストや室内楽のジャンルでも長年に亘り、大きな足跡を残されました。
サイトウ・キネン・オーケストラのコンサート・ミストレスや水戸室内管弦楽団の中心メンバーとしての活動、またボストンのニューイングランド音楽院教授として多くの後進を育てるなど、教育活動にも尽力されました。
夫は、著名なチェリストで、元ニューイングランド音楽院学長のローレンス・レッサー氏。

「イザイ:無伴奏ソナタ全曲」、「バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ全曲」(フォンテック)、小澤征爾指揮の「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲」(ソニー)など、残された数々の録音は、卓越した技巧に基づく豊かな音楽性に溢れています。

http://tower.jp/article/feature_item/2013/05/29/1101

驚いた・・・

アマゾンから一昨日、小澤の指揮するサイトウ・キネン・オーケストラの「田園」のCDが届いて、これが実によくて何度も繰り返し聴いていました。
多分、このコンマスも潮田さんだったのかもしれないし、確実にヴァイオリニストとして参加していただろう。
彼女の演奏はLP時代、確かチャイコフスキーかシベリウスかを友人宅で聴いたような思い出がありますが、小生意気なガキだった私は、日本人演奏家をどこか下に観るばかげた偏見で難癖をつけるだけだったような気がする。こういう人たちが先鞭をつけ、後進を育てた業績はもっともっと評価されなくちゃいけない。確か小澤氏も大陸生まれだったような気がするけど、その意味でもこの二人には似た体験や思いがあったのかもしれない。そういえば小澤も今や巨匠だけど、最初はこの狭い日本で結構偏見にさらされたんだよな。彼の実力を素直に評価したのは実はアメリカとヨーロッパだった。

潮田氏の演奏するメンデルスゾーンの室内楽を聴いて追悼しましょう。

今や、ここで演奏している人たちは日本クラシック演奏家の代表者というべき人ばかり。
音による対話、継承、そして日本人が明治以後受け入れてきた西欧近代の一つの到達点がここにある

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed