Archive for 9月, 2011

「月刊日本」に連載持ってます

作家、石牟礼道子の「苦界浄土」は、水俣病患者のルポルタージュとして世に受け入れられ、当時は反公害運動、現在はエコロジー的視点からの評価も高い。しかし、失礼を顧みず言えば、この本をきちんと通読した人は現在では意外と少ないの […]

Subscribe to RSS Feed