Archive for the ‘書評’ Category

山上たつひこの傑作漫画「綴り方親子」再読(「能登の白クマうらみのはり手」収録)

かって確か「イボグリ君」という題名の山上たつひこの漫画短編集を読み、その異様な魅力、というかまさに「不条理漫画」そのものの滅茶苦茶さに衝撃を受けたことがあった。最近、江口寿史が編集した山上たつひこ漫画選集のうちの「能登の […]

Subscribe to RSS Feed