Archive for the ‘書評’ Category

「(馬鹿げた言葉で傷つけられた人たちがいた時)傷つけられた人たちの気持ちをやわらげ、その被害を補償し、加害者を罰するには、何がなされなければならないのか。それは、ただこうである。絶対に何もしない。何もいらない。」(ジョナサン・ローチ)

このご時世、繰り返し読み直しているのがジョナサン・ローチの本。私はこの考えに100%賛成なわけじゃないですが、やはり心に留め置くべき意見だと思う。 「(馬鹿げた言葉で傷つけられた人たちがいた時)傷つけられた人たちの気持ち […]

Subscribe to RSS Feed