Archive for the ‘文学’ Category

「重慶無名戦士へ」 ある兵士の書いた詩

私は大東亜戦争中に書かれた詩をいくつか読んだことがありますが、高名な詩人の書いたものでも、高村光太郎と三好達治のものを除けば、あまり感銘は受けませんでした。その理由はここでは述べませんが、むしろ、戦場に赴いた兵士たちの詩 […]

Subscribe to RSS Feed