Archive for the ‘文学’ Category

死後に成長する作家 秋山駿が三島由紀夫について書いた文章です

「死後に成長する作家、という言い方がある。埴谷雄高がドストエフスキーについてそう言っていた。これは本物の作家を遇するにふさわしい言い方だ。彼の存在或いは作品が、死後もずっと長く、常により新しい現代的な問題をはらんで再生し […]

Subscribe to RSS Feed