Archive for the ‘文学’ Category

鶴屋南北の描いた「悪」

6月27日上映予定の「東海道四谷怪談」ですが、原作者の鶴屋南北は、いわゆる「賤民」の出身だったとされています。このことについて、作家の小林恭二氏が「新釈 四谷怪談」(集英社新書)のなかでとても的確な指摘をしていますので、 […]

Subscribe to RSS Feed