Archive for the ‘文学’ Category

「ドリトル先生」も差別文学?

中学3年生のころ、私が熱狂的に読んだのが(受験勉強の合間に呼んだので結構時期も覚えています)動物と話ができるお医者さん、ドリトル先生の物語でした。ある意味相当影響された本の一つと言ってもいいほど。しかし、この本、今では「 […]

Subscribe to RSS Feed