Archive for the ‘文学’ Category

「僕は反戦映画というのは何にしても嫌いなんだ。かわいそう、かわいそうという映画も嫌ですね」(野坂昭如)

「僕は反戦映画というのは何にしても嫌いなんだ。かわいそう、かわいそうという映画も嫌ですね」
「僕は決して主人公のように優しくはなかった。自分のものを食べないで妹にやろうと心の中で思っていても、いざ、それを手に持つと、こっ […]

Subscribe to RSS Feed