Archive for the ‘文学’ Category

ランボオ詩集を買い直した。今でも粟津則雄さんの翻訳が一番好き

最近、いわゆる新刊というのをほとんど読んでいない。こんなことでは時代に乗り遅れるのだが、古典名作で読んでいないものとかが山のようにあり、あんまり最近の話題作に手が出ない。音楽もそうですが、人間、ある程度の年になると新しい […]

Subscribe to RSS Feed