「モスラ」第一作(1961年)はやはり素晴らしい「政治映画」の傑作

古関裕而が、1961年の「怪獣モスラ」の音楽を担当し、ピーナッツが謡う「モスラの歌」を作曲したことは皆さまもご存知と思います。しかし、この映画、私の周囲では意外と未見の人が多く、もしも今自宅で過ごす時間が長くなった方は、怪獣映画と思って軽視せず、ぜひDVDなどレンタルしてご覧になることをお勧めします。

これには理由があって、どうもモスラ映画としては、第二作の「ゴジラ対モスラ」の印象のほうが強いのかもしれません。娯楽作品としては確かに第二作の方が上かもしれませんけど(モスラとゴジラの闘いは成虫の空中戦も、幼虫の地上戦も確かにすばらしい)「モスラ」第一作は、「ゴジラ」第一作と同じく、中々の政治的メッセージを感じさせるものです。

映画は、ロリシカ国(これは核保有国ロシアとアメリカ両国を刺す造語なのですが、映画を観る限りアメリカへの暗示としか見れません)が南洋の孤島、インファントでの核実験を行う事、しかもその後の科学調査を隠蔽しようとすることなど、のっけからかなりハードな展開で始まります。

その島を訪れた日本とロリシカ国の調査団は、不思議な島の小美人姉妹(これがザ・ピーナッツ)に出会い、彼女らの「この島の平和を荒らさないでほしい」というメッセージを尊重した日本の調査団は、帰国後も一切秘密を明かしませんでしたが、ロリシカ国の調査団リーダーであり、実は悪徳興行師でもあったネルソンは、ロリシカの武装した兵士と共にインファント島を再び訪れ、島民を銃で制圧して小美人をさらい、東京で見世物として興行を行います。

しかし、小美人の歌「モスラ」は、実は島の怪獣モスラへのテレパシーを伝えていたのでした。モスラは卵から孵化して幼虫となって、小美人を援けるために東京に向かいます。ネルソンは小美人を連れてロリシカ国にジェット機で逃亡、モスラの幼虫は東京タワーに繭を作り、その中でさなぎになります。

その繭はロリシカ国の提供した核攻撃(これも明示してはいないのですがそう受け取れる)を受けますが、繭の表面が焼けただけで、成虫モスラは繭を破って登場、ロリシカ国「ニューカーク」市を襲撃、「摩天楼」を破壊します。

この後の展開はネタバレなので控えますが、もちろん素直に娯楽怪獣映画として楽しんでもらって構わないのですけど、南洋の純朴で平和な精神を持った人々を文明国が侵略し、その象徴として核兵器が使われ、日本の良心的な科学者たちの平和実現への努力が最後には問題を解決するというストーリーは、「ゴジラ」とはまた違った感動を与えてくれますよ。

またネルソン役のジェリー伊藤がいい味を出して強欲な悪役を演じきってます。彼は後に「勝海舟」(大河ドラマ)で、アーネスト・サトウも演じました。そして、これが日本とアメリカ、コロムビア社の合作だったことも忘れてはいけない。その辺に当時のアメリカ映画の懐の広さみたいなものも感じさせます。

古関裕而は戦争中に東南アジア各地を訪れ、彼の作曲した「愛国の花」は、インドネシア独立のために闘った日本兵とインドネシア人の交流のシンボルともなったこと、スカルノ大統領がこの曲を愛したことなどはここでは詳述は避けますが、そんなことを考えながらこの映画を観ていると、ちょっと言いすぎかもしれませんが、大東亜戦争のもっとも純粋な精神がこのモスラには宿っているかにも見えてきます。

「モスラの歌」の歌詞は、映画スタッフの作ったものをインドネシア語に訳してメロディを付けたというのが今では有力な説ですが、この歌詞には、古関の戦争と平和への深い思いが込められているように思えます。

「モスラよ/永遠の生命 モスラよ/悲しき下僕の祈りに応えて/今こそ 蘇れ/モスラよ/力強き生命を得て 我らを守れ 平和を守れ/平和こそは/永遠に続く/繁栄の道である」

Subscribe to RSS Feed