沖縄の選挙で保守敗北、沖縄自民党の再生を祈って一言

選挙が終わりましたので一言。とりあえず八王子市では、私の投票した市議候補が当選したので個人的にはよかった。そして、沖縄自民党の敗北は支持者の一人として大変残念。今、敗北の直後、本当につらい中、傷に塩を塗るようなことをしてはいけないことはわかっている。しかし、現場を知らない東京もんのきれいごとと言われるのも覚悟の上で、今書いておかないと機会がなさそうなので書いておきます。

沖縄で自民党は「野党」。野党は何よりも自分たちの信念と哲学を堂々と打ち出すことが必要。その意味では沖縄自民党は、自民党にしか言えない発言をして、堂々と選挙戦を戦ってほしかった。

米軍基地の問題で、負担削減や、による経済的恩恵を言うのもいい。しかし、現在の沖縄の米軍基地(個人的には将来「日本軍」もその役割をもっと担うべきと思っている)について「この基地はアジアの自由と平和を守っている」「尖閣列島防衛のためにも、台湾やまた朝鮮半島の平和のためにも、この米軍基地の存在意義は大きい」くらいのことを言う議員がひとりくらいいてもいい。

先日、米軍が基地反対派を撤去した。こういう時も本当は沈黙するのでも米軍の行為を暗黙に認めるのでもなく「合法的な反対運動は勿論自由だが、日米安保条約を国が締結している以上、非合法的、あるいは米軍の活動への露骨な妨害とみなされる行為は沖縄警察が行動すべきだった。それが日本の主権を守ることだ」という議員もいてほしかった

先日、米軍が基地反対派を撤去した。こういう時も本当は沈黙するのでも米軍の行為を暗黙に認めるのでもなく「合法的な反対運動は勿論自由だが、日米安保条約を国が締結している以上、非合法的、あるいは米軍の活動への露骨な妨害とみなされる行為は沖縄警察が行動すべきだった。それが日本の主権を守ることだ」という議員もいてほしかった。

宮古島で現在起きている、武器弾薬などの基地持ち込みの事前通達がなかったとの件で防衛大臣が謝罪した問題でも、沖縄自民党が、「説明責任はあるが軍の機密保持という原則もある。現在の東アジアにおける情勢を見れば、宮古島の基地にはミサイル防衛等の軍備が必要だ。島民の皆さんには不安もあろうが、自衛隊は皆さんの命と東アジアの平和を守っている、どうか信頼してほしい」という議員がいたら、逆に日本政府は、大臣が軽々しく「謝罪」するのを恥じたはずだ。

沖縄は自由を守る最前線、そこにいる自民党はどうか誇りをもって言論戦を戦ってほしい。もちろん、これまでの日本政府や、私のような自民党支持者の側の、経済援助をちらつかせるだけで本気で沖縄問題に向き合ってこなかった責任はある。沖縄自民党は、どうかこの敗北を乗り越えて再生してほしい。敢えて批判は覚悟で書かせていただきました。
Subscribe to RSS Feed